お近くのよもぎ蒸しサロンが見つかる!今すぐ探す

よもぎ蒸しの好転反応とは|症状はいつまで続く?

よもぎ蒸しは体の内側から温まり、さまざまな健康効果が期待できる近年話題の民間療法ですが、施術を受けた後に『好転反応』と呼ばれる症状が現れることがあります。

この『好転反応』について知っておくことは、よもぎ蒸しを生活に取り入れる際に重要になります。
この記事では、好転反応とは何か、どのような症状が現れるのか、そしてそれらの症状が続く期間について学んでいきましょう。

目次

好転反応とは

好転反応は、マッサージや治療、よもぎ蒸しの施術後に体が回復する過程で一時的に現れる症状のことを指します。
よもぎ蒸しの後、体が変化する際に一時的に起こる現象で、調整反応とも呼ばれることがあります。
この「好転反応」という言葉自体は主に東洋医学を用いる漢方等の世界で使われていた言葉であり、場合によっては便利な言い訳として使われる側面があります。

その為、日本では厚生労働省により好転反応と呼ばれる反応自体には科学的根拠が認められていない為、商品説明の表現としてこれらの言葉を用いたサービスや商品販売は薬事法違反になることがあります為、販売者及び利用者は十分に理解しておきましょう。

それらのサービス施術後や商品利用後に自身の体調が悪くなったときに、「それは体の毒素が出ている時期」「反応が出るのは効果がある証拠」などといった継続を案内することも薬事法違反に該当いたしますので、お気をつけくださいませ。

参照元:https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/dl/kenkou_shokuhin06.pdf

どのような症状が現れるか

よもぎ蒸しを行った後に、体に以下のような症状が現れる可能性あります。

  1. 眠気、だるさ
  2. 腹痛、下痢
  3. 女性特有の生理やおりものの変化
  4. 肌荒れ、ニキビなど
  5. 体全体の痛みや痒み
  6. 吐き気
  7. 湿疹
  8. 尿の色の変化
  9. 便の色の変化(黒い便が出る)

これらの症状は、個人差や体質によって異なることがありますが、東洋医学をベースに考えられた好転反応では、通常一時的なものであり、施術後に体がデトックスや調整を行っている兆候と捉えられます。これらの症状が強い場合や不安がある場合は医療従事者などの専門家に相談することが大切です。

症状が続く期間

よもぎ蒸し後の好転反応は、通常施術後1〜3日で初めて現れ、その後1〜3日間続くことが一般的です。

この期間中は、体を温める食事や適切な服装で身体を温め、ゆっくりと休息をとることが重要です。症状が特につらい場合は無理をせず、十分な休息を心がけ、身体の回復を優先させましょう。

もしも症状が長期間続いたり、激しい痛みを感じる場合は、迅速に医療機関を受診することが重要です。このような症状が継続する場合、別の健康問題や疾患が関与している可能性もあるため、専門家の意見を求めることが大切です。医療従事者の指示に従い、適切な対処を行うことが身体の健康にとって重要ですので、早めの相談が大切です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次